地方転職の“コツ”とは

「都会を離れ、U・Iターン転職しようと考えてはいるものの、都心に比べて求人数が少ない地方都市でやりたい仕事が見つかるか不安」だと感じている方も多いようです。 実際に転職をしてみたものの、給与や業務内容に満足できず数年後に離職してしまうというケースも珍しくありません。移住する前にじっくり対策をしておく必要があります。 ここでは地方転職のコツをみていきます。

地方で働く方法

1  地域の企業に就職する

2 フルリモート可能な案件三角で働く

3 フリーランスとして働く

4 起業

5 地域おこし協力隊として参加する

6 派遣やアルバイトで働く

1  地域の企業に就職する

一番一般的な方法ですね。遠方からの転職活動はしにくい場面も多いかもしれませんが、採用情報やエージェントの力を借りて進めていきましょう。 都会ほど企業は多くはありませんが、大企業の工場や子会社、グループ会社などが集まっている地方もあり、希望職種によっては仕事が見つかりやすいかもしれません。

2 フルリモート可能な案件三角で働く

都会にオフィスがある企業に在籍したまま、地方からフルリモートで働く方法もあります。コロナ禍で時代が変わり増加傾向にあります。 地方に拠点を置きながら、都会の企業で働ける点は心強いですね。 フルリモート可能な仕事は限られていますが、今までの経験で取り組める仕事がある方にはオススメです。

3 フリーランスとして働く

企業に属さず、フリーランスとして働くという選択肢もあります。特に最近はフリーランスの方が増加傾向にありますね。 最近クラウドワークス、ランサーズといったクラウドソーシングサービスを利用すれば初心者でも効率的に仕事が受注できるようになったことも大きな要因となります。 しかし、フリーランスだけで生計を立てるには高額案件を受注するだけのスキルや経験が必要となりますので、未経験分野でいきなりフリーランスとし独立するには難しい面もあります。

4 起業

その地域に関連する事業やインターネットを使って場所に関係なく起業できるチャンスも広がっています。 また、地元に戻る場合には友達などの人脈を活かせるケースもあります。 家賃や物価、人件費が都心よりも安い地方では、初期投資を抑えて起業が出来るというメリットがあります。

5 地域おこし協力隊として参加する

「地域おこし協力隊」とは、人口減少や高齢化が著しい都市において、その地域以外の人材を積極的に受け入れ、定住・定着をしてもらうことで地域の活性化を図る制度となります。 1年以上3年以下の期間で募集がされていることが多く、地方自治体の委嘱を受けその地域で生活しながら各種の地域協力活動を行います。活動内容や条件、給与などの待遇は地方自治体によって異なります。自分が好きな県や地域の活性化に貢献したい人や、地方で何かやりたいという気持ちはあるがまずはある程度土台がある仕事から行いたい方には向いています。 一度各自治体の協力隊募集情報を確認してみるとよいでしょう。

6 派遣やアルバイトで働く

正社員ではなく派遣社員、フリーターとして働くこともできます。 就職のしやすさはあるため、まずはここからという選択肢もありですね。 正社員と違って給与や福利厚生の充実度が下がる可能性が高いですが、その地域で本当に生活できるかどうか分からない場合やお試しでその地域に拠点で一定期間働きたいという場合にはよいでしょう。

関連記事

  1. 生まれ故郷を元気にするための転職とは?

  2. Hello world!

  3. 地方転職のメリット・デメリットとは

  4. 田舎は仕事がない?仕事の探し方と多い仕事の種類とは。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。