生まれ故郷を元気にするための転職とは?

「生まれ故郷を元気にしたい」「伝統や自然、地方の財産を後世に残したい」。

今、地方創生や地域の活性化に興味を持ち、培ってきた知識や経験を活かしたいと、高い志を持って地方への転職や起業を試みるビジネスパーソンが増加しています。

弊社への問い合わせでも、地方創生と地域活性化に貢献したいというビジョンに共感を持った方々からの相談が増えています。

世の中を見渡しても、「地方創生」という言葉を目にする機会が増え、地方創生に関わる仕事への転職が注目を浴びています。

今回は、「転職して地方創生に携わる」ことにフォーカスを当ててみたいと思います。

地方創生とは

そもそも「地方創生(ちほうそうせい)」とは何なのでしょう。

地方創生は、第2次安倍政権が掲げた東京一極集中を是正し、地方の人口減少に歯止めをかけ、日本全体の活力を高めるために、2014年に内閣によって生み出された、まだ歴史の浅い言葉です。

日本政府は、国の総合的な戦略として、西暦2020年を目処に地方創生をどう実現するのかという具体的な目標を掲げています。

地方の若者の雇用者数を5年間で30万人増やす(2015年→2016年実績は9.8万人) 地方から東京圏への人口転入を6万人減らし、東京圏から地方への転出を4万人増やす 女性の就業率を77%へ引き上げ 安心して結婚や出産・子育てができる社会の実現(2013年そう考える人の割合19.4%→2020年40%以上) 第一子出産前後の女性の継続就業率55%(2010年38%) などといった目標値のほか、 農業など1次産業と加工業が一体化した6次産業化市場を2013年4.7兆円→10兆円 訪日外国人旅行消費額を2014年2兆円→8兆円 中古住宅のリフォーム市場規模を2013年11兆円→20兆円 といった経済的な目標値もあります。

それら地方創生を後押しする国家戦略特区として、 起業や人材確保の支援 法人税の優遇措置 融資の利子補給 医療機関の強化法人の農業への参入要件を緩和 保育・教育・福祉の強化 建築基準法の特例 など様々な優遇措置を設け、「地方を元気にしたい」という地方自治体やそこに住む人、仕事をする人を支援しています。

関連記事

  1. Hello world!

  2. 地方転職の“コツ”とは

  3. 田舎は仕事がない?仕事の探し方と多い仕事の種類とは。

  4. 地方転職のメリット・デメリットとは

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。